ランニングポーチはフリップベルトが神すぎる!徹底レビュー!

ジョギングするときに便利なランニングポーチはないかな?

ヨージー
ヨージー

迷ってるならフリップベルトが絶対おすすめだよ!

今日は、ランニングが超快適になるポーチ「フリップベルト」について解説します。

私ヨージーもランニングポーチはアームバンドタイムやポシェットタイプなどたくさん試しましたが、フリップベルトに出会ってから、他のポーチは考えられなくなりました。

なぜそこまで推せるのか、理由を詳しく説明します!

スポンサーリンク

フリップベルトってなに?

フリップベルトとはフリップベルトジャパンが販売しているランニングポーチです。

https://flipbelt.jp/

スマホを持って走りたくても手に持つのは邪魔だし、途中で飲み物を買うために小銭やICカードをポケットに入れるのもポケットから落ちてしまうリスクがあります。

ランニングポーチと言えば、従来は腕に巻くタイプのアームバンドやポシェットタイプが主流でした。

しかしアームバンドや収納性が乏しく、またポシェットタイプだと走る際に揺れがネックでした。

その点フリップベルトは従来のランニングポーチと異なり体に巻き付けるタイプで、フィット感が強く収縮性があることから収納力も優れ、さらにはランニング以外の用途にも使える優れものです。

スポンサーリンク

フリップベルトのメリット

フリットベルトを2年以上愛用している私が思う、フリットベルトのメリットをお伝えします。

スマホも貴重品も余裕の収納性

フリップベルトは収縮性に優れており、スマホや小銭、家の鍵などの貴重品もすっぽり入ります。

写真はiPhone8を入れたところです。

正面横のスリットから入れますが、問題なく入ります。

また、フルマラソンなど大会を走る際はスマホに加えてジェルやタブレットなどもすべてフリットベルトに入れて走ります。

しかもおなかに巻き付けるので重さを感じず、ストレスなく手ぶらで走れます。

クチコミも紹介しますね!

フィット感が抜群で揺れない

フリップベルトを巻いて走っているとき、フリップベルトを感じることがありません。

体にしっかりフィットするので全く揺れません。

写真で見ると締め付けが強そうに見えますが、しっかりフィットしているので締め付けられている感覚はありません。

むしろこれでもちょっと大きめのサイズです。

スマホなどを入れてても重さも感じないので、違和感なく快適に走れます。

ランニング以外でも使える

フリップベルトは純粋にポーチとして優れています。

ランニング以外のアウトドアでも例えば山登りやゴルフなど、ちょっとしたモノを入れたいときには大活躍です。

また海外旅行のときに、パスポートなどの貴重品を忍ばせておくのにもぴったりです。

シャツの下に着けていても目立たないので、様々な用途で使える優れものです。

中にはこんな意見も。

フリップベルトのデメリット

一方で、私が使用している限りデメリットはあまり感じないのですが、敢えて言えば価格でしょうか。

だいたい4,000円前後で販売されています。

探せば他のランニングポーチは1,500円前後のものがあるので、その点はデメリットです。

ただし一度買えばその後なにも不満なく2年以上使っているので、初期投資と思えば全く不満無しです。

どうしても厳しいということであれば類似品もありますが、私は使ったことないので説明はここまでにします。

購入時に気を付けること

フリップベルトは実店舗の取扱店が少なく、メインはインターネットでの購入です。

試着が難しいのでサイズには気を付けましょう。

公式のサイズは以下のようになっています。

https://flipbelt.jp/pages/faq

公式サイズはアメリカンサイズなので、これよりひとつ小さいサイズを買うのがおすすめです。

私は購入時のウエストが74センチだったのでMサイズを購入しましたが、少し緩いなと感じました。

今はウエストが71センチほどなのでかなり余裕があります。

と言っても、締め付け感が無いので苦しくないし、揺れも感じないので着けていて違和感はないから安心してください。

ジッパー付きのフリップベルトや付属品も充実

フリップベルトはさきほど紹介したノーマルタイプだけでなく、他のタイプや付属品も販売されています。

ジッパータイプ

ジッパーがついていて、収納していたものがスリットから落ちてしまうのを防いでくれます。

過去2年使用していて、激しい運動をしてもスリットから物が落ちたことは無いのでノーマルタイプでも問題無いと思いますが、どうしても不安な方はジッパー付きもいいですね。

フリップベルト専用ドリンクボトル

フリップベルトにすっぽり入るドリンクボトルも販売されています。

普通のペットボトルでも300mlくらいの小さめボトルなら何とか入るのですが、かなり膨らみが出てしまいます。

専用ボトルはフリップベルトの角度に合わせて微妙なカーブがついているので、膨らみが最小限に抑えられます。

170mlと310mlの二種類が用意されていますのでランニング中の補給もばっちりです。

フリップベルトがあればすべて解決

快適にランニングができる最高のポーチであるフリットベルトを紹介させていただきました。

私は2年間使っていますが、耐久性もよく何十回と洗濯機にかけましたがったくヘタレません。

アームバンドやリュックタイプのバックなど、用途に応じて使い分ける時もありますが、大会ではフリットベルト一択です。

そのほか、旅行などにも使える点もポイントですね。

ぜひ快適なフリットベルトがランニングライフの一助になれば幸いです。